ちんこを大きくする方法の種類

ちんこを大きくする方法はインターネットで検索するとたくさん出てきます。本当にちんこを大きくする効果があるかないかは別にして、一般的にちんこを大きくすると言われている方法をまずは洗い出してみましょう。

 

・チントレ(ちんこトレーニングやマッサージ)
・増大器具
・医療機関での増大手術
・ペニス増大サプリ

 

大まかに以上の4種類の分類されるのではないかと思われます。ここからはこれらの方法一つ一つが一体どのようなもので、実際に効果があるのかどうか、メリットやデメリットについてご紹介致します。

 

ちんこを大きくする方法1「チントレ」は効果ある?

チントレは「ちんのトレーニング」の意味で、実際には筋力トレーニングというよりはマッサージのようなイメージです。

 

具体的な方法としてはジェルキング・ミルキングなどの方法がYoutube等で公開されています。英語で検索すると海外の動画がいくらかヒットするはずです。

 

ここでは具体的にミルキングやジェルキングの方法を紹介することは致しませんが、これらの方法は少なくとも10年以上前からインターネットでは有名だった方法です。

 

実際にチンコが大きくなる科学的根拠の有無は不明ですが、自分の手を使ってマッサージする手法ですので、痛くないように力加減をすることもできますし、なにか違和感があればすぐに中止することができます。

 

増大器具やサプリメントはなにか違和感を覚えることがあっても、スグに停められなかったり、飲んでしまったサプリを吐き出すことはできません。

 

実際に効果があるかは不明ですが、リスクもさほど大きくないと思われますので無理のない範囲で試してみる分には問題なのでないでしょうか。

 

ちんこを大きくする方法2「増大器具」は効果ある?

増大器具はペニスに装着して使う器具のことを指しますが、大きく分けて牽引式とポンプ式(真空式)の二種類に分けることができます。

 

牽引式は文字通りペニスに装着をして、ペニスを引っ張るのですが、結構痛いくらい引っ張るとの口コミも見受けられますので、安全に使用することができるのかはかなり懸念されます。

 

クリニックなどで行われるペニス増大手術の中には牽引する手術もあります。

 

ペニスの根っこの部分が下腹部に埋まっているので(個人差はあります)、それを引っ張り出してペニスを長くしようという手術です。

 

つまり、ペニスを引っ張ると言うこと自体には一定の合理性もありそうな気もしますが、安全性を考えるとこの牽引式の増大器具でちんこを大きくすることはお勧めできません。

 

続いて、ポンプ式(真空式)ですが、これはちんこにガラスのような透明な筒をかぶせて、電動で中の空気量を増減させて気圧を変化させる器具のようです。

 

しかし、気圧を高くしたり低くしたりすることで、なぜちんこが大きくなるのか、その理屈がさっぱりわかりません。チントレなどと違いケースのようなものにちんこを入れますので、痛かったらすぐにやめることができるのか、万が一故障してしまったらペニスを抜くことができないのではないかという不安もありますので、やはりこちらの器具はお勧めできません。

 

というわけで、リスクを考えるとペニス増大器具の使用は推奨することができません。価格も安くありませんので、金銭的な負担も軽くないことも推奨できない理由の一つです。

 

ちんこを大きくする方法3「医療機関での増大手術」は効果ある?

医療機関でのペニス増大手術は一番効果を実感できる可能性が高い方法といってもいいかもしれません。

 

外科手術によって、ちんこに入れたりするわけですから、入れたシリコンの分だけ物理的に大きくなるのは当たり前の理屈です。

 

手術は一般的に「増大術」「長茎術」と呼ばれるものが多く、増大術はシリコンなどを入れることで主に太さをアップさせるもので、長茎術はちんこの腹部に埋まっている部分を外に引っ張り出すことで長さをアップする手術です。

 

サプリメントと違い物理的な方法で大きくするという意味では、科学的根拠の乏しいチントレ(ミルキングやジェルキングなど)やペニスを傷付けてしまうリスクのある増大器具と比べれば、医師が施術を行うわけですから一定の安心感はあると言えるでしょう。

 

とはいえ、医師と手人間ですからミスをすることもあります。希望通りのペニスが手に入らないこともあります。ペニス増大手術で安全にちんこを大きくすることができるかどうかは、医師選び、クリニック選びにかかっていると言えるでしょう。

 

しっかりと口コミや体験談を見てクリニックを選び、複数のクリニックの医師にカウンセリングを受けて納得できるところを選ぶことが大切です。

 

ちんこを大きくする方法4「ペニス増大サプリ」は効果ある?

筆者の見解ですが、ペニス増大サプリも効果はないと思われます。まず法的な解説をさせて頂くと、ペニス増大サプリに限らずサプリメントというのはただの食品であり、医薬品のように効果や機能は認められていないことが理由です。

 

医薬品、特定用保険食品、栄養機能食品、栄養補助食品、これらの分類には効果が認められていますが、健康食品はただの食品ですので、サプリメントもここに該当します。このように法的には建前上は効果が認められていないというのが、ちんこを大きくする効果はないと考える理由の一つです。

 

また、一般的にペニス増大サプリが効果があるとされる根拠ですが、多くのペニス増大サプリに含まれるシトルリンという成分が、血液中の一酸化窒素の合成を促進することで血管を拡張し、血管の拡張効果やそれによる血流の増加でペニスに血液が増えてペニスが増大するという理屈がよく用いられます。

 

たしかにペニスには海綿体という組織があり勃起時には海綿体に血液が集まることでペニスが大きくなりますが、しかし、なぜペニスだけに血流が増加するのか筆者には理解できません。

 

ペニスに直接シトルリンを注射などで注入するなどするならまだしも、サプリメントを経口摂取して消化吸収された成分がペニスだけ局所的に作用することがあり得るのでしょうか。

 

そのあたりの根拠を示している口コミや体験談ブログは見たことがありません。

 

また、血流がよくなることでちんこが大きくなるなら、例えばお風呂に入って体が温まれば血管は拡張して血流も増加するはずですが、お風呂に入るだけでチンコは大きくなるのでしょうか。また全身の血管が拡張しているのですから、やはり全身が大きくならないと辻褄が合わないと考えます。

 

このようにペニス増大サプリはちんこが大きくなるという理屈の理論強度が弱い為、効果があるとは言えないでしょう。

 

ペニス増大サプリはちんこを大きくする為ではなく、栄養補給ならあり

ペニス増大サプリと呼ばれる商品にはいろんな成分が含まれていますが、代表的なのはシトルリン・アルギニン・亜鉛の組み合わせです。それらをベースとしてコブラやマカ、スッポンなど滋養強壮に良さそうなイメージのある原材料を組み合わせて作れらるものが多いです。

 

シトルリン・アルギニン・亜鉛はちんこを大きくするという効果が無かったとしても、健康な身体を維持するためには必要な栄養成分ですのでサプリメントで摂取するのもいいでしょう。

 

また、コブラやスッポンなどは絶対に日々の食卓には登場しない原材料ですので、そういったものをサプリメントで補うのも悪くないでしょう。

 

サプリメントは特定のなにかしらの効果を期待するものではなく、日々の食事では接種が難しい成分を補うのが本来の枠割のはずです。

 

そう考えればペニス増大サプリを栄養補給として利用する分にはコスパのいいものもあり、ペニス増大サプリと呼ばれるもの全てを否定するものではありません。